...

IELTSについて

25年以上の歴史、毎年300万人を超える受験者

IELTSは25年以上に渡って英語の試験を実施してきました。今では毎年300万人を超える人々がIELTSを受験しています。

IELTSで夢を実現しよう

IELTS(International English Language Testing System)は、米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、および英国を含む英語圏の国々に留学、就労または移住を希望する人々の英語力を測定する、ハイステークスの英語試験です。

IELTSは、4つの英語スキル(書く、読む、聞く、話す)をはかるペーパーテストで、IELTSアカデミックとIELTSジェネラル・トレーニングの2つのフォーマットがあります。

なぜ日本ではIELTSが選ばれているのか?

25年以上の歴史とグローバルスタンダード

IELTSは25年以上に渡って英語の試験を実施してきました。米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、英国のトップクラスの学校を含む、世界中の10,000以上の機関がIELTSのスコアを受け入れています。

最も権威があり、認知されている英語試験

世界中で、毎年290万人を超える受験者が、1,100以上の試験センターでIELTSを受験しています。彼らは、IELTSが世界で最も権威があり、広く認知されている英語試験だということを知っています。

対面式のスピーキングテストを含む4つのスキル

IELTSは、4つの英語スキル(書く、読む、聞く、話す)をはかるテストで、IELTSアカデミックとIELTSジェネラル・トレーニングの2つのフォーマットがあります。

試験予約ごとの無料模擬試験

JSAFで試験を予約すると、IELTSの無料模擬試験を受けられます。各受験者はIELTS Writing Assistにアクセスでき、書くスキルをつけるのに役立ちます。

国際的な認知度の高さ

IELTSの受験者が増加の一途を辿っている理由は、その国際的な認知度の高さにあります。2017年には300万以上の人々が受験しました。IELTSを認定している機関は世界中に10,000以上あり、IELTSは教育や移住のための英語能力判定試験としてグローバルに認知されています。

米国やオーストラリアの大学、学校、雇用主、移民局、専門機関などのIELTS認定機関が増加しています。受験者の英語力を正確・有効・確実に示すものとしてIELTSを信頼し、評価していることの証です。

IELTSは世界をリードする英語教育、言語研究機関であるIDP Education Ltd.、Cambridge English Language Assessment、British Councilの3団体が共同開発したテストです。

米国留学に最適

日本を含む世界中の多くの学生が、毎年米国へ留学しています。米国には世界的にもトップクラスの大学があり、高い水準の教育を受けられるからです。多様な教育を受けることができ、長期的なキャリアの見通しがあります。

IELTSは米国内の寄宿学校、准学士、学部、大学院、専門職および法律のプログラムを含む3,000以上の教育機関で認定されています。また1,000人以上の留学生を受け入れている米国の4年制大学のおよそ99%が、国際人の英語力の証明としてIELTSを受け入れています。

こうした理由で、日本人学生の多くは米国留学の夢を叶えるためにIELTSを受験しています。米国でIELTSを認定している機関と、必要なIELTSバンドスコアの目安をご確認ください(英語)。

IDP Educationとは

IDP Education(本社:オーストラリア・メルボルン)は留学サポート関連事業において国際的なリーダーであり、IELTS(International English Language Testing System)の共同所有者です。

これまで45年以上にわたり、IDP Educationは国際的な教育の場で重要な役割を果たしてきました。40万人以上の学生をオーストラリア、イギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランドなどの質の高い機関に留学させてきた実績があります。また1988年からは英語教育にも進出し、タイ、ベトナム、カンボジアに英語学校を運営しています。

1989年からはBritish Council, Cambridge English Language Assessmentと共に IELTSの共同所有者となりました。それ以後、IELTSは世界で最もポピュラーな信頼性の高い英語運用能力のテストとなり、今では9,000以上の組織・団体が英語運用能力の証明として認め、年間270万人以上が受験しています。IDP Educationは世界中に1,600人以上の職員を抱え、30の国々で90以上の留学サポート関連のオフィスを運営し、60の国々で400以上のテスト会場を運営しています。IELTSのテスト実施国にはオーストラリア、ニュージーランドをはじめインド、シンガポール、香港、マレーシア、インドネシア等があります。

そして2016年IDP Educationは日本で新たにテストセンターとパートナーシップを締結し、現在日本各地でより多くの方にIELTSを受験していただける機会をご提供できるようになりました。

IDP Educationについてさらに詳しい情報はホームページをご覧ください。 www.idp.com