...

IELTSスピーキング試験

対面式のスピーキング試験

IELTS アカデミック/ジェネラルトレーニングテストは、ライティング、リーディング、リスニング、スピーキングという4つの要素から成り立っています。 リスニングとスピーキングは、2つのモジュールで共通です。この試験の特徴は、試験官との1対1のインタビュー形式となっているところです。IELTS スピーキングテストの詳細と、対面式のメリットをご覧ください。

スピーキングテストの形式

スピーキングテストの内容は3つのパートで構成されています。テストは録音されます。
内容はIELTSアカデミック/IELTSジェネラル·トレーニングの両方のバージョンで共通です。

パート1: 自己紹介とインタビュー(4〜5分)

試験官の自己紹介の後、皆さん自身の自己紹介をするように促され、本人確認が行われます。試験官は、身近なテーマ(家族、仕事、研究、興味など)に関する一般的な質問をします。

パート2: スピーチ(3〜4分)

試験官から、特定のテーマについてのタスクカードが渡されます。このタスクカードには、スピーチの中でカバーできるポイントも含まれています。準備時間が1分与えられ、メモ用に鉛筆と紙が渡されます。テーマについて1〜2分間話します。試験官は、そのテーマについて1つか2つの質問をします。

パート3: ディスカッション(4〜5分)

試験官は、パート2のテーマに関連するその他の質問をします。受験者は、より一般的な問題と意見について述べる機会が与えられます。

IELTSスピーキングテストのヒント

1. スピーキングテストまでに、友人と、職場で、または電話で英語を練習する時間を取ってください。また、試験中に自信を持って英語を話せるように、自分のスピーチを録音して聞いてみましょう。
2. スピーキング試験には、正解や不正解はありません。試験官は受験生が自分の考えや意見を英語でいかにうまく表現できるかを評価します。
3. 友人と話していると想像すれば、リラックスできます。意見そのものではなく、英語の使い方が評価されることを念頭においてください。
4. 試験官の質問で使用された言葉を繰り返さないようにしてください。自分の言葉を使い、力を発揮しましょう。
5. 自然なペースで、はっきりと話しましょう。あまりにも速く話すと、間違えたり、誤った発音をしてしまうことがあります。
6. 可能な範囲で詳しく回答してください。「はい」「いいえ」だけの回答は避けてください。それぞれの質問に対し、自分自身の経験を話し、例も挙げたりして、詳しく回答するようにしましょう。試験官は、様々な話題について詳しく話すことができるかどうかを聞き取ります。
7. スピーキング試験では、正しい時制を使用してください。質問に注意深く耳を傾け、動詞のどの時制が使用されているかに注意を払ってください。たとえば、その質問が「どのような種類の音楽が好きですか?」(現在形)ならば、回答も現在形でなければなりません (例「ポップミュージックが一番好きです」)。

長い回答の場合には他の時制を使っても構いません(例「ずっとその音楽が好きだった訳ではありませんが」)。

8. はっきり意味が分かるように、数字の発音を練習してください。たとえば、多くの数字は発声したときと非常によく似ているため、はっきり言うようにしてください。「Thirty」と「Thirteen」、「Forty」と「Fourteen」、「Fifty」と「Fifteen」など。
9. あまり理解していない難解な語彙を使うよりも、一般的に使われているシンプルな語彙を正確に使うようにしましょう。しかしながら、高スコアを得るためには、より難解な語彙の使用方法を理解していることを示す必要があります。
10. パート2では、試験官からタスクカードと紙が渡されます。回答準備時間は1分です。まずテーマについて考え、そして回答内容に最も適した時制を決めてください。カードの質問と同じ時制を使用する必要があります。
11. できるだけ丁寧に回答し、答えの理由も挙げてください。これは、幅広い語彙や文法を使用するのに役立ちます。

IELTSスピーキング試験の特徴

  • 個室での試験なので、騒音もなく集中できます
  • 必要なら何度も質問を繰り返します
  • あなたの英語能力とペースに合わせます
  • アクセント(訛り)があっても大丈夫です

完全個室での試験

快適な個室でリラックスしてスピーキングテストを受けましょう。
騒音もなく、他人がいて気が散ることもありません。

時間切れの心配なし

IELTSスピーキングテストでは制限時間内に話す必要がありますが、回答を始めるのに時間がかかりすぎても、私たちは邪魔しません。必要なら熟考し、時間をかけましょう。

質問を完全に理解しよう

IELTSでは日常生活と同じように、コンピュータ相手ではなく対面式で、実際に人と会話する中でスピーキング能力を評価します。質問がもし理解できなかったら、一呼吸置いたりフレーズを繰り返したりできます。全く問題ありません!

アクセント(訛り)があっても大丈夫

IELTSは国際的な試験です。どの国のアクセントであっても試験官は聞き取り、あなたの能力やペースに合わせて試験を行います。また英語のレベルをあなたに合わせて上げ下げします。

無料のスピーキング試験対策

無料のスピーキング試験対策資料を幅広くオンラインでご用意しています。今すぐアクセスする方法をご覧ください。

無料のスピーキング試験対策資料