...

障害等のある受検生への
合理的な配慮内容例

各区分に記載している「配慮する事項」は、代表的な事項を例として掲載しています。なお、表に記載がない受検上の配慮を希望する場合は、試験実施主体に相談してください。

【ア】視覚に関する配慮事項

対象となる者

視覚に関する配慮を必要とする者

必要な提出書類

医療機関が発行する診断書の提出。受検希望日3ヶ月前までにセンターにメールにて診断書添付の上、受検希望の連絡を行う。

配慮する事項(例)

  • 試験受付までの付添者の同伴
  • 別室の設定
  • 座席配置(窓側の明るい座席等)の配慮
  • 試験時間の延長(通常25%の延長。それ以上の延長申請があった場合、症状により総合的に判断)
  • 画面拡大ソフトウェア
  • 再生可能な点字ディスプレイ
  • 問題読み上げ者の申請(リーディングの試験では、読み上げ者は問題文を読み上げることはできない。また、画面朗読ソフトウェアの使用も禁じられている)
  • 機械点字キーボード
  • プリンターに接続された電子点字キーボード
  • コンピューターもしくはワープロ(スペルチェック、グラマーチェック、類語辞典、その他の類似の機能の使用は禁止)
  • 点字メモ取り
  • 代筆者の申請
  • 点字問題冊子の使用
  • 拡大問題冊子の使用(問題の解答に必要のない「視覚的」資料を排除しそのうえで、A4サイズの大活字版を作成。活字の大きさは通常18ポイント太字)

  • 特別バージョンのリスニングテスト

    1. 問題を読むのに十分な時間が得られるよう、それぞれのパートのテスト開始前にCDを止める
    2. 一つ、またはそれ以上の答えを書くのに十分な時間が得られるよう、それぞれのパート毎のある一定のポイントでCDを止める
    3. 答えをチェックするのに十分な時間が得られるよう、それぞれのパートでCDを止める

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

  • 試験時間の延長
  • 拡大文字または点字によるスピーキングタスクカードの使用

【イ】聴覚に関する配慮事項

対象となる者

聴覚に関する配慮を必要とする者

必要な提出書類

医療機関が発行する診断書の提出。受検希望日3ヶ月前までにセンターにメールにて診断書添付の上、受検希望の連絡を行う。

配慮する事項(例)

  • 試験受付までの付添者の同伴
  • 座席配置
  • 試験開始・終了の明確な伝達
  • 補聴器の装用
  • 注意事項等の文書による確実な伝達
  • 症状や受検方法により別教室を用意

  1. 補聴器、ヘッドフォン、その他の機器の使用

    受検者は以下の配慮の要請が可能。

    • 通常、補聴器を使っている場合には、試験を受ける前にテストセンターにその旨申し出が必要。
    • 通常、ワイアレスやパーソナルFMシステムを使っている場合には、テストセンターにそれらの機器の使用の許可を求めることができる。少なくとも試験日の二週間前までに問い合わせ要。
    • ヘッドフォンや特別な増幅器を使用している場合には、録音を聞くために、テストセンターにこれらの機器の使用の許可を求めることがめることが可能。少なくとも試験日の二週間前までに問い合わせが必要。
    • ヘッドフォンを使用する場合には、試験監督者が録音を聞き、制御する必要があり、外部拡声器や別のヘッドフォンを使用する。録音を聞くにあたっては、パーソナルCDプレーヤー、MP3プレーヤー、もしくは類似の機器の使用は禁じられている。
    • 特別増幅器などの特別機器を使用している場合には、通常、別の部屋で試験を受ける。少なくとも試験日の二週間前までに問い合わせ要。
  2. 聴覚障害者用(リップリーディング)リスニング試験

    聴覚障害者用(リップリーディング)リスニング試験を要請することもできる。試験監督者は、録音テープを流す代わりに、問題を読み上げる。問題は、二度読み上げられる。二回目の読み上げの際、試験監督者は時折読み上げを中断する。受検者はそれを利用して回答を書き留めることが可能。

  3. リスニングテストの免除

    重度難聴者等で上記の特別処置が十分でない場合(例としてリップリーディングができない者)で、リスニングテストを受検することが困難な場合免除を申請することができる。

    技能免除は必ず受検前に申請しなくてはならず、受検希望のテストセンターに事前に連絡をする必要がある。

    尚、免除があった場合は、免除技能のスコアは、受検した他科目の結果からの推測したスコアが表示され、オーバーオールバンドスコアは、推測スコアを含め4技能の平均が表示される。特記事項として、免除技能のスコアが推測であることが記載される。

試験の流れ、記入方法及び試験時間等をPowerPointを使用し、教室正面のスクリーンにて常に表示する。

試験の流れ、記入方法及び試験時間等をPowerPointを使用し、教室正面のスクリーンにて常に表示する。

  • 試験時間の延長
  • スピーキングテストの免除

    重度難聴者等でスピーキングを受検することが困難な場合免除を申請することができる。

    技能免除は必ず受検前に申請しなくてはならず、受検希望のテストセンターに事前に連絡をする必要がある。

    尚、免除があった場合は、免除技能のスコアは、受検した他科目の結果からの推測したスコアが表示され、オーバーオールバンドスコアは、推測スコアを含め4技能の平均が表示される。特記事項として、免除技能のスコアが推測であることが記載される。

【ウ】肢体不自由に関する配慮事項

対象となる者

肢体不自由に関する配慮を必要とする者

必要な提出書類

医療機関が発行する診断書の提出。受検希望日3ヶ月前までにセンターにメールにて診断書添付の上、受検希望の連絡を行う。

配慮する事項(例)

  • 試験室受付までの付添者の同伴
  • 1階又はエレベーターが利用可能な試験室での受検
  • 洋式トイレ又は障害者用トイレに近い試験室で受検
  • 症状や受検方法により別室の設定
  • 試験時間の延長や休憩時間の追加
  • 車椅子の持参使用又は試験場での準備
  • テストセンターは、対象となる受検者が会場で、廊下、トイレ、試験室に出入りできるように取り計らい、また試験室の机や椅子の高さを調節し、受検者が試験室に楽に入り、試験を受けられるよう、十分なスペースを確保する。上記以外の項目の配慮に関しては受検予定のテストセンターに要確認

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

【エ】病弱に関する配慮事項

対象となる者

慢性の呼吸器疾患、心臓疾患、肝臓疾患等の状態が継続して医療又は生活規制を必要とする程度の者又はこれに準ずる者

必要な提出書類

医療機関が発行する診断書の提出。受検希望日3ヶ月前までにセンターにメールにて診断書添付の上、受検希望の連絡を行う。

配慮する事項(例)

  • エレベーターが利用可能な試験室で受検
  • 試験時間の延長
  • 監督下での休憩
  • 座席配置の配慮
  • 症状や受検方法により別室の設定
  • 回答にあたってのコンピュータの使用
  • 問題用紙の読み上げ
  • 複写(もしくは書き起こし)の設備
  • 解答用紙への記入の援助
  • 透明な色付きのオーバーレイ
  • 試験問題の大活字版
  • その他の機器
  • 症状及び受検方法により別室の確保又は座席を試験室の出入口に近いところに指定

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

【オ】発達障害に関する配慮事項

対象となる者

自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害のため配慮を必要とするもの

必要な提出書類

医療機関が発行する診断書の提出。受検希望日3ヶ月前までにセンターにメールにて診断書添付の上、受検希望の連絡を行う。

配慮する事項(例)

  • 試験時間の延長
  • 監督下での休憩
  • 座席配置の配慮
  • 症状や受検方法により別室の設定
  • 回答にあたってのコンピュータの使用
  • 問題用紙の読み上げ
  • 複写(もしくは書き起こし)の設備
  • 解答用紙への記入の援助
  • 透明な色付きのオーバーレイ
  • 試験問題の大活字版
  • その他の機器
  • 症状及び受検方法により別室の確保又は座席を試験室の出入口に近いところに指定

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

【カ】その他の配慮事項(【ア】~【オ】の区分以外の者)

対象となる者

【ア】~【オ】の区分以外の者で配慮を必要とするもの

必要な提出書類

医療機関が発行する診断書の提出。受検希望日3ヶ月前までにセンターにメールにて診断書添付の上、受検希望の連絡を行う。

配慮する事項(例)

  • 座席配置の配慮
  • 症状及び受検方法によって別室の設定

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。

「全ての技能において配慮する事項」を参照のこと。その上でケンブリッジ大学英語検定機構と調整の上、世界基準と照合し総合的に判断。